更紗屋雑貨店・zazieのつれづれ。旅とか外国とか。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< これから帰ります! | main | 2007イギリス旅行(2)ロンドン着〜古本の町Hay-On-Wye >>
2007イギリス旅行(1)出発〜香港
帰国してもう半月が経ってしまいました。
台風、梅雨明け、また台風、そして連日の「猛暑日」!
クーラーを1台ももっていないzazie家では、2台の扇風機(1台は昭和生まれ)が
頑張ってます。みなさま、いかがおすごしでしょうか。

実は8月9日から再び鹿児島を離れ、関東方面に約1ヵ月間遠征してきます。
その前になんとか今回のイギリス旅行のことを書こう…と
やっと腰を上げて?みました。

■1日目 福岡〜香港

福岡発、香港経由ロンドン行きのキャセイ航空に乗るため、
前日に福岡にお住まいのもくりんさん宅に泊めていただきました。
お陰でスムーズに空港まで来る事ができました。
福岡ってつくづく便利な町です…博多から空港まで10分で行けるんですから。

空港では、今回の旅の前半をご一緒するMisaさんが待っていました。
あらかじめ手配しておいた格安航空券をカウンターで受け取って、
いざ出国。
去年のヒースロー空港爆破未遂事件以降、機内に化粧品などクリームや液体を持ち込む時はかなり厳しくチェックされます。私は機内預け荷物に全て入れておきました。
Misaさんはあらかじめちゃんと透明なビニールの袋に入れて持って来てたので
問題なく出国前の手荷物検査を抜けられました。



今回利用したキャセイ航空。南回りで時間はかかりますが、ヨーロッパ着が早朝でリズムが作りやすいことと、全席パーソナルモニターつきで飛行時間も退屈しにくいこと、そしてなによりその価格の安さで欧米の利用者からも人気が高いエアラインです。

飛びたってすぐ、機内食が出ました。



こんな感じ。割と美味しいです(笑)

途中、台湾の台北空港で一度飛行機の燃料補給のために飛行機を降りました。
待合時間にお土産屋さんを見ていると、お坊さんの一団に遭遇。





そして待合室近くには「マサジ」サービスが。
施術を受けてる人はうんうんうなってました(笑)

5時間弱ほどで、香港に到着。
実は生まれて初めて降り立った異国はここ、香港でした。
13年前…まだ香港がイギリス領だったころです。
その時も、オーストリアに行く飛行機の乗り継ぎで立ち寄ったのですが、
ランディングが世界一難しいと言われた当時の啓徳空港ではなく、
今回は新しい香港国際空港に着陸しました。

機内で書いた入国カードとパスポートを出し、入国審査はスムーズにパス。
トランジットの時は空港内に留まってもいいし、少し時間があるなら入国手続きをして街に出るのもおすすめです。
今回は待ち時間が7時間くらいあったので、香港の街に行ってみる事にしました。



開放的で近代的。以前の空港とは大違いです。




空港に直結したMTRなら、約20分で香港の中心地まで行く事ができます。
料金は片道でも往復も100香港ドル(約1500円)。
ただし私のように帰りのチケットをなくさないように…
(上着を脱いだ時に落としたらしく、空港に戻る時に再度100ドル払いました…)
車内はクーラーががんがんきいてました。



車内から撮った香港の高層住宅郡。
空港から街までは、他にもバスやタクシーなど色々な方法があります。
滞在時間を有効に使いたい時はMTRがお勧め。



これは普通の地下鉄の車内。座席がメタルでできてました!
確かに汚れにくいし壊れにくそう。



地下鉄を出ると外は……まるでサウナのような熱気と湿気!
重たい空気が身体に纏わりつくようでした。
そんな中、路上でアツアツのラーメンを啜る人びとがいたりして。
やっぱり香港は熱いです!

到着した駅からさらに地下鉄を乗り換えて、旺角駅で降り、金魚街へ。
香港の人々は好んで金魚を愛でるらしいのですが…









老若男女、ほんとにみんな熱心に金魚を選んでました。
商売繁盛のお願いを叶えてくれるとも言われてるみたいですね。

その界隈を歩いていると、様々なものを売ってるマーケットがあちこちに。



ドリアン!



マンゴスチンとライチ。凍っていない生のライチは初めて見ました!



ん…?さつまいも???(どうみてもりんごです)



日本のキャラクターがあちこちに!



だんだん日が暮れてきました。
ストールの明かりがなんともカワイイ。



香港らしいネオンサイン。



街の散策に疲れたのでデパートに入り、ガムシロップたっぷりのあま〜〜いアイスティーを飲みながら涼んでから、夜景を見るためにピークトラムというトロッコに乗ってビクトリアピークへ。
この日はガスが濃くてぼやけてしまいましたが…こんなかんじ。

飛行機の離陸時間は23:55だったので、夜景を見た後はふたたびMRTに乗って
空港へ戻りました。地下鉄のアナウンスは広東語と英語でわかりやすいですし、
標識や案内も英語が多いので安心です。
街でおまわりさんに道を英語で聞いた時も、なんとか理解して教えてくれました。
ただ、問屋街でビーズなどのお買い物をする時は…やっぱり観光客値段になることが多いかも。現地在住のお友達か中国語のわかる人がいれば、もっと安く買えそうな感じがしました。

空港に戻って夕食を食べるお店を探していると、入り口で客寄せをしている中華料理屋さんに呼び止められました。「ショーロンポー・ペキンダック〜」などと親しげに言ってくるのでついそこに決めましたが、空港内にしては割とリーズナブルで美味しい料理でした。



これがそのショーロンポー(笑)ジューシーでした♪



香港空港。夜なんだけど昼間のように明るい…
かっこいいんだけど広すぎて、目的地(チェックインゲートなど)までが遠いんです!

さて、香港の出国審査をすませて手荷物検査、ボディチェックのカウンターを出た私は、
同行のMisaさんがなかなか出てこないので出口で待っていました。
すると、なにやら呼び止められてバッグの中身をあれこれ言われてる様子。
慌てて戻ろうとすると、ゲートのガードマンが「戻ったらダメ」と通せんぼします。
「友達が困ってるから、通訳するので…」と言うと通してくれたので、
彼女に近寄ると「このパウダーがだめみたい…」と言います。
手にした大き目の丸いプラスチック容器には健康食品の粉末がぎっしり詰まっていてクリームのように見えていました。
検査官が「クリームはだめだ。この容器は大きすぎる、ひとつ100mlくらいの小さな容器に小分けにするならいい」と説明しました。「さもなければ捨ててもらう」と。
「これはクリームでなくてパウダーで、食品です。ここで食べてみせてもいいですよ」
と言っても検査官は聞かず。「クスリを売ってる売店で容器が売ってるから買っておいで」と言うので、仕方なく私たちはその売店まで走って小分けのボトルを買い、検査ゲートに戻りました。
そこには例の粉末が入ったボトルをとりまく10人ほどの検査官が。
ちょっとぞっとしました。
「容器買って来ました」と言って、蓋を開けて中身を移そうとしたとき、
さっきとは違う検査官が「これはなんだ?」と聞きました。
「だから、健康食品のパウダーです!体調が悪い時に飲むと効くんです」
そう答えると、その人はラベルを見て
「なんだ、粉末食品なら問題ない、そのまま持って行けばいい」
と言うではありませんか。
気が抜けた私たちに何人かの検査官が「勘違いでした」「ごめんなさいね〜」と
声を掛けていきました。
……慌てふためいたあの時間と無駄になったボトルはなんだったんだ〜!

とにかく、飛行機に乗る時には、粉末やクリームのようなものは
極力機内に持ち込まないで、預け荷物に入れた方がいいようです。
どうしても持ち込む場合は、なるべく小さな容器に入れておくこと。
また、国によってその基準は違うようなので、あらかじめ調べておいたほうがいいみたいです。

なんとか飛行機の待合所まで来て座っていると、
きれいなお姉さんが英語で話しかけてきました。
「あなたたち、韓国に行く?」
「いいえ〜」
「ソウルで整形手術を安くでしますよ♪鼻を高くしたり…」
な、なんですと!
「すみません、私たちこれからイギリスに行くので……」
そう答えると彼女は残念そうに去って行きました。

どうせ鼻低いですよ…

そんなこんなでやっと搭乗時間がきました。
キャンセル待ちでやっと取れただけあって、機内はほぼ満員。
12時間のフライトのはじまりです。
パーソナルモニタで「硫黄島からの手紙」を観たり。
あまり眠れないまま、ときどきMisaさんとおしゃべりしたり…
そうこうするうちに、夜が明けてきていました。



ヨーロッパ上空で撮った写真



あと少しでイギリス到着です!
続きはまた…☆
スポンサーサイト
わたしも来ちゃいました☆

ところで、イギリスの食事ってどうですか?
ほとんどの人が「まずい!」「なんじゃあれ!」などとのたまいますが、わたしは結構好きなんです。
そう言うと、“舌バカ”とのありがたいお言葉を頂きます・・・
あの素朴な感じがいいと思うんですけど。まぁ、人それぞれですね。

フリペいいですよね。
いつか手をつけたい分野であります。
倉敷の蟲文庫さん、ご存知ですか?魅惑の品揃えの古書店です。
そこのフリペ、機会があったらぜひ見てください。きっとお気に召すと思います。

9日からの関東遠征、楽しんできてくださいね〜。
ジャム猫 | 2007/08/04 22:59
>ジャム猫さん
こんばんは!
先日はヒミツの会合にてお会いできて嬉しかったです〜!
ジャム猫さんがNo-styleさんのブログをみて「行こう!」と思って下さったから
こうして繋がることができたんですよね。すごい巡り合わせです!

イギリスの食事、みんながNG出しますが
はい!私も結構好きですよ♪
サンドイッチとか特に(笑)というのは冗談で、
ジャケットポテトとかフィッシュアンドチップスとか…
サンデーローストも美味しかったです!
それと…エスニックなメニューが豊富じゃないですか。
なのでよくインディアンやタイニーズ、チャイニーズ、ベトナミーズ、
アフリカン料理を食べます♪
日本で食べるより容赦なくスパイス効いてて好きなんです。
あとは美味しい紅茶(ティーバッグでミルクティーをマグカップで、が標準)があるから、食べ物には何も不満はありません!

フリペいつか作ってみたいなぁ…と思い続けて幾星霜…
蟲文庫さん、知ってますよ〜!帰りに岡山立ち寄りたいなぁ。
今度の上京の際は海月書林さんにぜひ行ってみたいと思ってます。

お店の準備、がんばってください!陰ながら応援してます☆
zazie | 2007/08/06 21:29
更紗屋さんのHPリニューアルされたんですね。
昨日はずっと行きたかった六花窯に行ってきました。
和食器のセールをされていて、友人と喜び勇んで購入しました。

イギリスって行ったことがないので行ってみたいなぁ・・・・・・。
スコットランドに行きたいと夢はあるのですが、なかなか実現せず・・・・・・。
霧のロンドンとか憧れるのですが、実際はどんなのですか?歩きにくいとか?
ベーカー街に行きたい!ウォーカーのショートブレットを買いだめしたい!などなど、野望はあるのですけど・・・・・・。
旅行記の続き楽しみにしています。
tantan | 2007/08/07 09:31
一緒に旅してるみたいに雰囲気出てますねー写真が相変わらず良いですよね
今イギリス上空です。(o_ _)ノ彡☆早く降ろしてね

又関東ですか?忙しいですね(*´о`)ノ夏に弱い私としては羨ましいかぎりです

暑いでしょうが体調に気を付けて絵里子?(これで良かったかな)ちゃんにもよろしくお伝えください。又後日談楽しみにしています
| 2007/08/07 19:45
もくりんが出てませんね どうしてかな?相変わらずへたですね
もくりん | 2007/08/07 19:59
>tantanさん
おひさしぶりです〜!
HP、こっそりリニューアルしました♪早速見て下さってありがとうございます!
六花窯さん、製作スタイルの転換で、和食器を今お安く売っていらっしゃるみたいですね〜!象嵌の器など、私もほしいものが結構ありました♪
イギリスの霧はよく秋に見られますね♪
ひんやりしてミステリアスで、私は大好きです。大抵昼には霧は晴れてるかな。
ベーカーストリートは地下鉄の駅はよく利用するのですが、
ホームズゆかりの場所にはまだ行った事がないんです><
今度こそは〜!
Walkersのショートブレッドは私も大スキです☆
今回家族へのお土産に、Walkersのいちご入りクッキーを買いました♪

>もくりんさん
とりあえず着陸しました!(笑)お待たせしました♪
5ヶ月振りに妹に会えるのを楽しみにしてるところです☆
私も夏には弱いですよ〜〜><
あちこち見て回りたいんですけどね…
続きはまた戻ってから!それまで関東旅行記を携帯からUPしますね!
zazie | 2007/08/09 01:41
COMMENT