更紗屋雑貨店・zazieのつれづれ。旅とか外国とか。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

一箱古本市・レポート
ご報告が大変遅くなってしまいましたが、去る7月27日(日)
無事、「一箱古本市」を開催することができました。

出箱者は
・古書リゼット
・愚蟇堂(お2人で出品)
・ウロン堂
・animal cafe
・水琴堂
・更紗屋文庫
の6組。規模は小さいですが、それぞれに個性的なジャンルの本を出展して頂きました。



愚蟇堂さんの箱
郷土史関連が満載…と思いきや、「ひもの結び方」「南アフリカの鳥」(洋書)などの
タイトルも。



リゼットさんの箱
問い合わせのお電話がご年配の男性が多かった、とお話したところ、
郷土関連の単行本もいろいろ出して下さいました。
いっつも私のツボる本を売っていらっしゃるお店なのです。



ウロン堂さん
「うろんな客」というゴーリーの絵本からネーミングした屋号。
ヘルムート・ニュートンの写真集に強烈に惹かれました。
萩尾望都もある……
型枠にはまらない胡乱なセレクトがたまりません。



animal cafeさん
まず目をひいたのがスリップ。
本屋さんではさまってるのを参考に作ったとおっしゃってました。
トレードマークのうさぎがずらり。
花椿のバックナンバーに、家族で読んでいるというゲゲゲの鬼太郎などがありました。



水琴堂さん
前日に頭をひねって「涼しい名前にしよう」と思いついたのがこの名前。
読み終わった沢木耕太郎や、イタリア料理の本が売れていました。
「見せびらかし本」のコーナーには、少しだけもっている豆本を陳列。



私はといえば…こんな感じ。
海外関連や趣味系、絵本が売れました。



会場は国道10号線沿いで、広めの歩道の脇ということもあり
通りがかりの方々がたまたまイベントに気がついて立ち寄る、ということも。
フランスからバカンスで日本にいらしたというご年配の4人組さんもご来場、
奄美に行ったと話していたので、愚蟇堂さんが愛加那に関する本や
曼荼羅図をプレゼントしたところ、とても喜んで行かれました。



古本屋さんや古書市の空気が好きで、なんとか鹿児島で
古本のおもしろさを共有できる場を作れないかと開催した今回のイベントでしたが、
前日に掲載された新聞の告知を見た方々からの問い合わせが1日で10件ほどあったことに
驚きました。
デパート祭事も含め、古書市がほとんど開催されなくなってしまった私たちの街。
それでも古書を愛する人々はまだ大勢いるのだということを
改めて実感しました。

また、本を売る側に回ったことで新たな愉しさに気がつきました。

箱の前に佇んで、本に目を落とす人々
本を扉にして、それぞれの世界にしばしの旅に出掛けている、その姿が素敵でした。
好奇心、知識欲、想い出……一人一人の中のいろいろなものが
「本を読む人」を作り上げていて
そんなお客さんを幸せな気持ちで眺められるのは、お店側の特権だなぁと感じました。


古書リゼットさんを始め、出箱して下さった方々には本当にお世話になりました。
また、今回の鹿児島での一箱古本市開催にあたり快く許可を出して下さった
不忍ブックストリートさんにも、大変感謝しております。

そして猛暑の中、会場までお越し下さった皆様、本当にありがとうございました。


すでに2回目の実施に向けて計画が進行中です。
詳しい事が決まり次第、随時こちらでお伝えしていきます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

また、8月11日(月)の南日本新聞夕刊で、当日取材して頂いた古本市の様子を
掲載して頂けることになりました。
ぜひご覧になってみてください。


いよいよ明日!

南日本新聞社さんのご好意で、
26日付の朝刊に、明日の一箱古本市の情報を掲載していただきました!
窓口になっている私の携帯に、何人かの方々から場所を教えてほしいと
ご連絡がありましたので、少し詳しくご説明を……



まずはザビエル教会(ザビエル公園となり)を目指してください。
ザビエル教会の裏側に厚地病院のPETセンターがありますが、
それを右手に見ながら、国道10号に出ます。



「ザビエル公園入り口」の交差点に出たところです。
ここで横断歩道を渡らずに、左向け左です。



ポストがあるのを確認してくださいね。

そのまままっすぐ、30mくらい進むと…



コインパーキングがあります。(40分100円、10時間800円)
最寄の駐車場はここですが、付近には何箇所かコインパークがありますので、
合わせてご利用ください。

その隣に立つ、レトロ…なビル。。。



こちらが、林ビルです。
「是枝商店」という看板がかかっていますが、こちらです。
この1階が、古本市の会場になります。



こんな感じで看板を出しますので、目印になさってください。



会場の奥から歩道を見た所。
昭和20〜30年代に立てられた古いビルで、その建築も今の大工さんたちを
唸らせるほど、素敵なところです。



今日さっそく搬入に来て下さった方。。。
素敵な屋号です。どう読むかは…ぜひ店主さんに聞いてみてください。



某家具リペア職人さんが作ったという、リゼットさんの看板。
漆喰壁になじんでます。





出箱本の中身の一部。
装丁の美しい名著復刻シリーズが「うそ〜〜!」というほどお安く出てます。
実用書や美術関連本もあり。



洋書絵本も……



昨日お知らせした出箱協力店さんは、こちらのジャム猫さんです!



玄人好みの写真集に文庫、CDも出して頂けることになりました。
個人的にV&AのCDが気になってます…☆
ご自宅からもまだ持って来てくださるそう……楽しみです!

私と母はこれから本の準備です。
間にあったらまたここでご紹介しますので(笑)





☆「アトリエ松山」と同じビルの1階になります!


リゼットさんの本たち
いよいよ「一箱古本市」まで1日となりました。
本好きな方々が三々五々集まって、ゆるゆる〜っと本談義する…
そんなスロウなイベントになりそうです。

★出箱してくださる方・まだまだ募集中です!★

フライヤーの期日は過ぎましたが、まだ本を出して下さる方を募集中です!
当日の飛び込み参加もOKです!
要らない本、見せびらかしたい(笑)本を携えて、お気軽にいらしてください。

27日(日)に天文館に来られる方、ぜひザビエル公園近くのレトロなビルに
お立ち寄り下さいね。


今回、大変お世話になっている谷山の古本屋さん「古書リゼット」さんに夕方お邪魔して
出箱予定の中から数冊、撮らせて頂きましたのが……こちらです。



ボオドレエルにコクトオに…文学系女子をくすぐるラインナップ。
洋書絵本も持って来てくださるとのこと!
大正時代の古いバイオリンの楽譜なんかも目撃してしまいました。

急遽、素敵なカフェさんからも出箱頂けることになり、嬉しい悲鳴を上げてます。
明日も直前情報を更新しますのでぜひここをチェックしてくださいね♪

会場は…こちらです!(クリックで地図を表示)

一箱古本市についての詳しい情報はこちら!




そしてそして、もう一つお知らせ。
中山町の雑貨屋さんKinenbiに併設の自家焙煎珈琲豆屋さん、nest coffeeさんが
今、鹿児島三越地下1階食品売り場でコーヒーの出張販売中です!

ひそかに話題のビン入りカフェオレベースや、コクとほろ苦さがクセになる
無糖アイスコーヒーの試飲販売を、29日火曜日まで実施中♪
お店までなかなか遠くて行けない方も、この機会に足を運んでみては……
三越限定Kinenbiラベルのカフェオレベースも販売しているそうです^^

場所はジョアン(パン屋さん)の前付近です。
夏のギフトにも好評みたいですよ〜!コーヒー好きの方はぜひ♪

zazie家にも常備してます…1日1杯を守って飲んでます☆(笑)
詳しくはKinenbiさんのブログをどうぞ!





クウジツ2&一箱古本市のお知らせ
先日は中央駅でのPocket2に大勢の方にご来場頂き、本当にありがとうございました!
写真を撮ろうとしたら、最初の1枚で電池切れになってしまい…
会場の様子をお送りすることができず、すみません。
お陰さまでとても楽しく、充実したイベントになりました!
Pocketのメンバーさま方も、ありがとうございました!

さて!
7月はほとんど毎週のようにイベントが続きます!




クウジツ2★7月20日(日)11:00〜20:00
天文館 チチ・ビスコにて
前回のメンバー+αで、さらに楽しい夏の1日雑貨屋さんを演出します!
大好評だった東京のVERDAやエスピエーグルのアイテムも再び登場。
また夏らしく、チチ・ビスコの隠れた人気メニュー*かき氷*もご用意☆
おぎおんさぁも同じ日ですよ〜!
天文館にぜひ、遊びに来てください♪

◆STAFF◆
このこつえ・スウィーツキャンドル/eMo・虹色バッグ&コラージュブローチ/ごきげんな日・イラスト&アクセサリー/tama.cafe・ポストカード、Tシャツ、手さげバッグ/ammaliare・北欧系・ビンテージ生地のコサージュゴム/更紗屋雑貨店・ヨーロッパとアメリカのビンテージボタンと雑貨/エボリクボン・カラフルオトメザッカ&昭和レトロなポストカード/むらむら・むー・写真とか/チチビスコ+上野ラジオ・珈琲とケーキ・かき氷・雑貨・音楽

【お問い合わせ】
チチ・ビスコ
鹿児島市呉服町3-5 新町ビル1F
電話 099-226-2384 ブログ:http://titibisco.jugem.jp/


そして、7月27日(日)7月最後の日曜日には、初の企画イベント
「一箱古本市」を開催します!




☆一箱古本市は、「東京の谷中・根津・千駄木で毎年2回開催されている不忍ブックストリートの一箱古本市」が発祥で、今回のイベントは上記イベントを参考に企画しました。
当イベント開催にあたっては、不忍ブックストリート様の許可を得ております。


少し前に、ある本屋さんから面白い古本のイベントの話を伺ったのです。
段ボール一箱に自分の売りたい本を詰めてきて、みんなで売ったり買ったりする…
調べたところ、東京の谷根千が発信源のイベントということ。

以前から、父が運営する美術予備校が入っているビルの1階で何か
やりませんか?と言われていたので、実行に移してみることにしました。

ご家庭で読まなくなった本や、捨てるには忍びないけど好きな人に譲りたい本、
専門書や文芸書、単行本、漫画でも、料理本などでも構いません。
売りたい本をみかん箱〜スーツケース程度の箱に入れて、持ってきてください。
出店料は1箱300円で、売るも譲るも自由です。
古本が好きな人から、安く面白い本を探したいという方まで、
ぜひご参加ください。 もちろん、見に来てくださるだけでもOKです!
10時〜18時となっていますが、出店はこの時間以外でも構いません。

出店を希望される方は、こちらのメールフォームから前日までにお申込みください。
詳しい内容はこちらのページへ