更紗屋雑貨店・zazieのつれづれ。旅とか外国とか。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
『マルシェ 写真とぬりえ』展
先月行われたイリスマルシェの中ではマイカップのご持参をお願いしたのですが、
とても多くの方々が賛同してくださり、当日会場ではそれぞれご自慢のカップを
持ってこられ、珈琲を飲んでくださる方がいらっしゃいました。
その際、chez mimiさんの撮影に協力してくださった方、
そして当日の会場の様子を写した写真を、今日から3日間(16〜18日)まで
アイムビル2F、九州電力IRIS(イリス)にて展示します。
実は展示だけではなく…ちょっとしたお楽しみも。
ご希望の写真は注文もお受けします。
当日撮影に参加された方、またマルシェに来られなかった方も
ぜひ遊びにいらしてください。
また、ぬりえ教室の作品展示も行われます。

詳しいことはこちらのサイトへどうぞ!
みなさまのお越しをお待ちしています。

IRISイベント終了
24、25日に行われました、麺麭・珈琲 時々 雑貨には
2日でのべ2000人以上という本当に大勢の方にお越しいただき、
大盛況のうちに終わりました。
ご来場の方々からは、「こんなお店が鹿児島にあったのね」「お店はどちらに?」
という声を本当に多く頂きました。

イベント終了後、母と話しながら4年前に初めてボタンを売り始めた頃の事を思い出しました。
アメリカで見つけた、白いボタンばかりが5キロ入ったクッキー缶。
中に入っていた、様々なデザイン・素材でできたボタンをより分けるのが楽しくて、
それ以降、ボタンを探すようになったこと。
お店で売り始めたばかりの頃は、「なんでボタン?」としきりに聞かれたこと。
それでも少しずつ、ボタンたちを求めて来て下さるお客様が増えていき、
お買い上げ下さったボタンたちが、アクセサリーやバッグ、服のアクセントとして
第2(ビンテージだからひょっとして第「5」くらいかも?)の人生(?)を
歩んでいる姿を見るようになって…
今では「集めるのが楽しい」と言って、コレクションされる方も多くなってきました。
去年11月のガーデンマーケット、そして今回のイリスマルシェでは
ちょっとずつ蒔いたボタンの種が、鹿児島でも芽を出しはじめたかも…?と
嬉しい手ごたえを感じました。

私もワークショップを担当したChizukoも、ブースをほとんど離れられなかったのですが
2日間で多くの方が作ってくださった個性的なコサージュの一部を、
ここでご紹介しますね。



























最年少の参加者は小学3年生!
それぞれの個性が作品に出ていて、見ている方もわくわくしました。

イリスマルシェですが、まだまだ続きます。
3月16〜18日、イベント当日に会場で撮影された写真とぬりえのワークショップの作品展が、イリスにて行われます。
マイカップを撮影させて頂いた方や、当日の雰囲気をもう一度味わいたい方、
ぜひ遊びにいらしてくださいね。
詳しい事は、こちらでお伝えしていきます。

イベントにご来場下さったお客さま、そして参加店舗・スタッフの皆さま、
ほんとうにありがとうございました!&お疲れさまでした!

さて!
今日からzazieは東京に13日間、出張してきます。
骨董市や問屋街などを回る予定です。
携帯も今日からパケホーダイにしたので、できるだけ携帯から東京での様子を
お届けしていこうと思っています。
それでは、いってきます〜!
いよいよ本日!
最初のミーティングから約1ヶ月…
とうとうイベント当日になってしまいました!
何もかも初めてで出店者も予想がつかない状態ですが、
みんなが楽しい2日間にしたいという気持ちでつながっています。
お天気もよさそうですし、ぜひお散歩気分でお出かけください♪
あ…よろしければ皆さま、マイバッグ・マイカップをお持ちになってくださいね。
ご来場前に、イベント専用ブログの方も見ていただけますと幸いです。
こちらからどうぞ♪

あ…「ブログみてます」とお声掛け頂けると…恥ずかしくも嬉しいです。
明日は母がワークショップ、お店番は私とイトコがしてます。
(細くない方が私です…(笑))
それでは、会場でお待ちしています!
ボタンが主役のコサージュ
イベント当日に更紗屋雑貨店のワークショップで作るコサージュ2種のご紹介。



ヨーヨーキルトを2つ重ねて、中央にシェルボタンをやはり重ねてのせました。
レースや手編みのモチーフを下げると表情が出ます。



たくさんの花びらの中に、お気に入りのボタンをひとつのせて。
こちらのものは、イギリスのビンテージガラスボタンです。
その周りを小さなガラスビーズが彩ります。
マルシェかごにつけてもかわいいはず。

布などのベースになる部分や金具、レース3本、基本のボタンは
材料費・講習料の1000円に含まれています。
勿論、当日会場でお気に入りのボタンを別に購入して使うことも可能です。
torico.のボタンアクセサリー
ボタンを主役に使ってcuteなアクセサリーを作る、torico.さん。
いよいよ今週末にせまった「麺麭・珈琲 時々 雑貨」の更紗屋ブースで
展示・販売します。
急なお声掛けにもかかわらず、20点以上の作品を作ってくださいました。
その一部をご紹介します。



フランスの「la droguerie」(ラ・ドログリー)のビンテージカゼインボタンを
使ったブローチ(手前)と、フランス製ビンテージガラスボタンを使ったピアス(奥)



どちらもビンテージボタンを使ったヘアピン。いずれもボタンはドログリーのもの。



小さな小さなボタンをぶどうの房のようにつなげたピアス。
おそろいのブレスもあります。



春色なボタンアクセサリーたちを、どうぞお楽しみに。